FC2ブログ
2018/10/14

Chicago Marathon 2018 後記

今回の大会を終え自分の5Kmのラップタイムを見てみました。最終タイムは不本意でしたが前半と後半のタイムの差は5分でした。30Km後もそんなにペースダウンしていなかったのは今回の収穫でした。そして大会翌日、いつもなら痛くなる腰や太股など全く痛くなりませんでした。これはランニングフォームが改善せれたのか、それともそれ程追い込んで走らなかったのか。正直、筋肉痛に悩まされても自己ベストの記録が出た方が良かったのは言うまでもありません。

今年のレースは終了です。来年のレースは未だエントリーしていませんが、3,4レース走りたいと思っています。



左のビールはスポンサーになっているビール会社の限定缶。レース後、ランナーに無料で配っていました。気分はビールでしたが、外でビールを飲む天気でなかったのが残念。右のビールはホテル近くのスーパーで見つけたチェコビール。わ~~美味しかったです。500ml入りでセール価格で2ドルしなかったと記憶しています。

スポンサーサイト
2018/10/10

Chicago Marathon 2018


6大メジャーマラソンの一つ、シカゴマラソンを走ってきました。未だ興奮冷めずにいます。昨年の大会に参加したコーチが良かったよと言っていたので、抽選に申し込み当たりました。本当に素敵な大会でした。大会運営関係者、ボランティアの方には心から感謝感謝です。

CHI3.jpg

この大会に向けてトレーニングを積んできたつもりでした。よって、今回は楽しむのではなく記録を残すのが目標でした。完走する、楽しむレベルから脱したい、その気持ちが強かったのですが結果は残念ながら自己目標に達成できませんでした。

大会当日は雨。湿度も高かったと思います。参加ランナーは4万~4万5千人。ダウンタウンにあるグラントパークからのスタートです。前半20Km地点で雨はやみましたが、出来れば晴れて欲しかった。大会前日から左のふくらはぎがパンパンに張ってしまいました。原因は不明です。大会当日もふくらはぎのパンパン状態はおさまらず、不安を残してのスタートでした。もしや歩く事になるかも?それでも気持ちは常に前向きでした。歩かない、あきらめない。時計は見ずに兎に角前だけ見つめてと。結果は目標にしていた4時間15分より30分も遅い4時間46分46秒でした。残念な記録ですが、完走メダルを首に掛けてもらった時は涙が出ました。走り切ったなあ、そんな感じでした。

5歳刻みの男女年齢別では真ん中よりもずっと前に自分の名前があってので、それが唯一の救いだったと思います。




参加者のシャツと完走メダル。大会終了後、町中にはこのシャツとメダルを掛けたランナーで溢れていました。そうよね、やっぱり誇りに思いたいし、頑張た自分を見てもらいたい!わかるなその気持ち。


CH2.jpg

EXPOでもらったポスター。額に入れて飾りたいと思っています。

マラソン大会にはもう20回以上参加していますが、もう一度走りたいと思う大会はそんなにありません。でもシカゴは又走ります。本当に気に入りました。街も、人も、コースも大会運営も、私にとっては№1でした。

Thank you, Chicago.See you next year!
2018/10/03

CHIHULY Garden and Glass @ Seattle Center

c1.jpg

スペースニードルの隣にガラスの美術館、Chihuly Garden and Glassがあります。地元出身のChihuly(チフリ)氏の作品が展示されています。お勧めよ、とは聞いていましたが館内に入るなり感動の連続でした。

続きを読む

2018/09/30

Olympic Peninsula Trip - La Push

旅の二日目、宿から見えた空が明るくなってきたので、もしかして晴れるかもと大きな期待をして太平洋を見に走り続けました。観光案内所の優しいおばあちゃんに勧められた場所、La Pushと アメリカ大陸の最西端Neah Bay へ。晴れ間が見えたり雨雲になったりの繰り返しでしたが、途中から激しい雨となり道路標識も見えない程でした。もしかして現地に着いたら晴れるかもと微かな期待していましたが、激しい風と雨でガ~~~ンでした。





駐車場には何台かの車が止まっていました。皆ここまで来たのだからと,雨が止むのを待っている様子。私達もしばらく待ち、雨が小降りになった合間に海岸へ出、写真だけでもと。


lap1.jpg

太平洋を反対側から眺める。シアトルに来た日本の旅行者には珍しい体験だったと思います。浸食した岩が海に。何とも幻想的な景色です。予定ではこの後、Neah Bayへ行くつもりでしたが悪天候の為、やめました。  

La Pushへはフェリー乗り場からノンストップでもでも3時間半、135 miles (約220Km)も走ります。この海岸からきっと夕日が綺麗に見えるのだろと思います。いつか又、来たいと思います。

lap3.jpg
2018/09/20

Olympic Peninsula Trip - Lake Cresent

山の天気は崩れやすい!Hurricane Ridgeの山小屋で昼食を取り、山下しようと駐車場へ向かっていた所、急に雨雲になり冷たい風が吹き始めました。あの青空は私達の為にあった!まさにそう感じた瞬間でした。そもそも雨がちの場所なので逆に晴れ間に合うのが珍しいのかもしれません。

次の目的地はLake Crescent。三日月の湖は青く透き通っている事で知られています。実はこの写真は翌日撮ったものです。当日は土砂降りの雨で途方に暮れました。





そんな土砂降りの中、ちょっとしたハイキングコースになっているトレイルを無言で歩き Merymere Fallsへ向かいました。この滝に向かう途中に温帯雨林を見る事が出来ました。この写真がないのが残念。兎に角、雨に打たれてのハイキングだったのでそんな気力がありませんでした。何か私が無理やり皆を連れていってしまった感じ。ずぶ濡れになっても何も文句を言わなかった友達には感謝です。


0907181520 (1)

秋桜

マイアミビーチ、ニューヨーク、ミルウォーキーで暮らした後、ワシントン州の自然に恵まれたシアトル郊外へ。 simple, naturalそして楽しい暮らしを送りたいと願っています。