FC2ブログ
2018/02/08

We'll Meet Again - 第三話

今週はベトナム戦争の話。アメリカ人の父、ベトナム人の母の間に生まれた娘が父を捜し求める話と、当時12歳の男の子が家族と別れ新世界を目指し一人で難民船に乗った時に出会ったアメリカ人を探す話です。同じ体験をした友達や同僚が多くいるのでこの話は私のとっても身内に起こった深い傷を知るようなものでした。

父ともう一度会いたい!当時3歳だった娘はアメリカ軍がベトナムを去って以来、何処でどうしているのか分からないまま敵国アメリカ人との間に生まれた子として多くのイジメにあい、それは辛い子供時代を送ったとの事です。捜し求めた父はハワイの軍人墓地で眠っており、墓石に膝まづいて泣きじゃくる姿はとても痛々しかったです。

家族ともう二度と会えないかもしれないと一人難民船に乗り込んだ少年と見送る両親。当時12歳だった少年は英語は喋れなかった為に言いたい事も言えませんでしたが、このアメリカ人はきっと自分たち難民を助けてくれると信じ、その雄姿や行動力が彼のその後の人生の原動力となったそうです。一人アメリカにたどりついた少年は多くの人に助けられ、アメリカ市民権を取り今は子供たちと幸せな家族を持っていますが、根底にあったのは難民船で出会ったアメリカ人の雄姿。当時の思いを伝えたいと探し求め再会となります。

日本では語る事の少ないベトナム戦争ですが、1955年に始まり1975年まで続いた痛々しい戦争です。ベトナム戦争を取り上げるドキュメンタリー番組がありますが、あの船に私の友達が乗っていたのかと思うと正直まともに見ていられないのが事実です。

今は何も無かったかのように笑っている友達が遠い昔の戦争の傷跡を背負っているのかと思うと涙がでます。そんな友達、同僚一人ひとりをハグしてあげたい!そんな思いで一杯です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

秋桜

マイアミビーチ、ニューヨーク、ミルウォーキーで暮らした後、ワシントン州の自然に恵まれたシアトル郊外へ。 simple, naturalそして楽しい暮らしを送りたいと願っています。